古代織紙布帯
古代織紙布帯
press to zoom
古代織紙布帯
古代織紙布帯
press to zoom

古代紙布帯

 明治・大正時代の商家で使われていた大福帳(帳簿)や、古文書をはさみで丁寧に切り、撚りをかけ、糸にしたものを手織し八寸帯に仕上げます。この帯の経糸は、絹を使っています。波筬で織り上げました。